債権管理ナビ/上場するための会計管理どうしよう?/債権管理におすすめのITソリューションERPとは

債権管理におすすめのITソリューションERPとは

会社の会計業務を支援するシステムは多数ありますが、その中でも会計分野を一元管理するためにおすすめのシステムが「ERP」です。手作業では難しいとされる債権管理業務がどのように対応できるのか、詳しく紹介していきます。

ERPとは

ERPはEnterprise Resource Planning(企業資源計画)の略称で、企業の基幹系業務をまとめ、総合的な経営をおこなうITシステムです。ERPは債権管理だけを取り扱うシステムではありません。

財務会計をはじめ、人事・生産管理・営業業務などの総合業務全般にわたり、さらにヒト、モノ、カネといった経営資源を対象にしています。

ERPがすごいのは、会社でおこなっている業務に関係する基幹システムを、自由にカスタマイズしてパッケージすることができる点です。自社の経理業務にぴったり合致したシステムを作り出すことができるのです。

債権管理だけでなく債務管理や決算、営業が取引きしてきた金銭のやり取りに関することまで、タイムリーに社内全体で共有しながら効率化を図ることができます。

債務、債権管理が難しい理由

以前の債務、債権管理業務は、売掛金にかかわる作業が煩雑なこと、債権回収業務で漏れが生じるなど問題が多発していました。会計管理の精度が悪いと会社の評判も悪くなり信用を失ってしまいます。

特に売掛金にかかわる作業においては、取引先ごとに請求額と銀行振込データを合致させる作業、売掛金の明細と入金額をひも付けて消し込んでいく作業などが煩雑で人為的ミスが生じやすい状態でした。

どんなに注意を払って日常業務をおこなっていたとしても、間違えてしまうのが人間です。債務、債権管理業務が難しいといわれる所以は、このような業務の煩雑さが原因だったのです。

ERPを導入すべき理由

ERPを導入すれば、エクセルなどの手作業では難しいとされる債権管理業務も、一気に効率アップを図ることができます。

請求額と振込額のマッチング作業や売掛金のひも付けや消し込み、漏れのない請求書の作成や回収スケージュールの作成など、キャッシュフローの可視化からミスが起こる確率を大幅に減らすことができるでしょう。

まとめ

経理の業務内容は会社によってさまざま。これまでの会計ソフトは、その会社の経理業務に特化した内容ではなく、ごく一般的なものに過ぎませんでした。ERPは、長年社内で培ってきた業務体制を崩すことなく、効率化アップを図ることが期待できるのです。