債権管理ナビ/債権管理業務とは/債務管理の重要性も知っておこう

債務管理の重要性も知っておこう

商品やサービスの販売・提供によって生じた代金を受領・回収する権利である債権管理。この債権管理と同様に会計管理上で必須といわれるのが、債務管理です。ここでは債務管理とは何なのか、なぜ必要なのかといった基本的事項について触れていきます。

債務管理とは?債権管理との違い

他社に対して代金を請求できる債権管理に対して、債務管理はその真逆の業務となり、他社に対して代金を支払う義務のことをいいます。相手に求める前に、まずは自分たちが支払うべきものをきっちり支払う姿勢をみせること。これが債務管理業務です。

債務管理はなぜ必要?会計管理上の重要性

債務管理を怠ると、失うのは社会的信用です。取引先だけの問題ではなく、支払い能力の悪評が世間に広がってしまうことで、会社の存続すら危ぶまれる可能性も秘めています。

ビジネスは互いの信用で成り立っています。商品を納品してから入金するまでの間は、債権管理上での与信期間と呼ばれ、信用が成り立っていないと、この期間を与えられることもなくなります。

その結果としてビジネスが成り立たず、会社は倒産に追い込まれてしまうことが考えられます。このように債務管理は、企業間同士の信用を成り立たせるために必要なものであり、会計管理上では、大変重要な管理業務の責任を担っているのです。

債務管理の業務内容

債務管理業務の重要ポイントは、とにかく支払い期日を遵守し、支払遅れや漏れをなくすこと。仕入れ先ごとにいくら買掛金残高があるのかを明瞭化するために買掛金台帳を作成します。

買掛金台帳は、「前月残高」「当月発生額」「当月支払額」「当月残高」に区分され、仕入先ごとに月単位で記入していきます。当月の支払額は、取引先別支払予定実績表や支払日別支払予定額で管理します。

この支払予定実績表と日別支払予定額の2つを毎日突き合わせることで、支払漏れといった人為的ミスを大幅に削減することができます。さらに、仕入れ先からの請求書や納品書もチェックすることが必要です。

納品したものが合っているか、重複請求ではないか、返品、値引き、割引による漏れはないかなどを確認し、きちんと支払うべき金額を期日までに支払うようにします。

エクセルで充分に配慮しながら業務をおこなっていても、起こってしまうのが人為的ミスです。債務管理システムを導入することで、社内のキャッシュフローを効率的に保つことができるでしょう。

参照元:中小企業庁「経営力向上」のヒント
https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaikei/2016/160510kaikei.pdf