債権管理ナビ/債権管理業務とは/管理業務の基礎知識・動向

管理業務の基礎知識・動向

債権管理の必要性と管理方法、債権管理サービスの動向について紹介しています。

管理方法を知る前に~債権管理の必要性とは~

債権とは、商品やサービスを販売する際に伴う、代金を受領・回収する権利のことです。

小売店と顧客との間であれば、商品やサービスを販売する際、その場で金銭のやり取りが生じます。しかし、企業間の取引の場合、商品やサービスを納品する際に、その場で現金が支払われるということはほとんどありません。商品やサービスを納品し、一定期間を経た後に代金が支払われるのが一般的です。

たとえば、材料などを仕入れて、その材料で商品を作って販売するという場合、仕入れが販売に先行します。つまり、仕入れの支払いが販売の入金よりも先に行われるため、この期間、自社で代金を負担しているということになります。

この、仕入れの支払いと販売の入金の期間が長くなればなるほど、資金繰りが苦しくなっていき、最終的には行き詰ってしまうのです。

売上代金の請求漏れ、回収遅れ、回収漏れは、資金の行き詰まりの原因となります。売上の回収を徹底して、確実に債権管理を行うことで、資金繰りが安定するため、企業にとって債権管理はとても重要なのです。

管理方法・債権管理の流れ

企業間の商品やサービスの取引では通常、商品やサービスの提供を行った後、請求書を渡し、「売掛金」「未収入金」という債権として会計処理を行い、入金を待ちます。

代金の入金が確認できたら入金処理をして、債権を消し込みます。入金が確認できない場合は、取引先に督促を行う必要が出てきます。

これ以外にも、商品やサービスの提供を行う前に、相手方に後払い決済をしてもいいか、いくらまでなら後払い決算が可能かを判定する与信管理を行ったり、後払い決済が決済限度額内になっているか、商品の受け渡しや支払条件が不利なものになっていないかなどの、販売契約内容を確認しなければなりません。

債権管理サービスの動向

こうした債権管理を、エクセルなどのソフトを使って行っている企業も多いのですが、手作業で債権管理を行っていると、ファイルを共有はできるものの、共同編集ができません。利用者それぞれが新しく保存していくので、どのファイルが最新版なのかがわからなくなってしまい、結果、管理が難しくなってしまいます。

また、データの統合が難しいという問題も出てきます。

そこで、債権管理を効率よく行うために、債権管理システム・サービスを導入する企業が増えています。

最近の債権管理サービスの傾向としては、コールセンター業務に注目したものがあります。

債権管理において、督促連絡や回収連絡は重要な業務のひとつですが、最近では、コールセンターにクラウドAIサービスを導入し、顧客とオペレーターの間の通話内容の音声認識や文章要約など、を行い、オペレーターのサービス向上や業務効率指標アップ、採用コストを削減することによる生産性向上を目指す企業もあるようです。