債権管理ナビ/債権管理業務とは

債権管理業務とは

債権管理業務の基礎知識や具体的な仕事内容、動向などについてまとめています。

債権管理の仕事内容とは

債権とは、商品やサービスを販売・提供する際に伴う、代金を受領・回収する権利のこと。

小売店と客の関係では、商品やサービスを販売・提供する際、その場で金銭のやりとりが発生します。

しかし企業間の取引では、その場で金銭のやり取りが行われることはほとんどなく、商品やサービスの納品後、一定期間を経て、代金が支払われるのが一般的。この、納品から入金までの期間が空くことを、「信用を与える」=「与信」といいます。

取引先の経営内容を評価し、信用取引ができるかどうか、どれくらいまでの金額なら取引ができるかを判断する「与信管理」を適切に行うことによって、確実な代金回収を行います。つまり、与信管理が債権管理の重要なポイントです。

管理業務の基礎知識・最新動向

債権管理は、企業の経営にとって欠かせない業務です。債権管理がしっかりなされていなければ、資金繰りが苦しくなったり、企業としての信頼を維持することも難しくなるからです。

取引先に商品やサービスを販売・提供し、その後、確実に代金回収を行う。つまり、企業のお金の流れをコントロールして、健全な資金繰りを行うためには、債権管理をいかに適切に行うかが重要になります。

債権管理の流れとしては、商品やサービスの販売・提供を行った後、請求書を発行して、「売掛金」や「未収入金」という債権として会計処理を行い、取引先からの入金を待ちます。

入金が確認できたら債権を消込、入金が確認できない場合は取引先に督促を行わなければなりません。

この一連の作業を、エクセルを使って行っている企業も多いのですが、債権管理システムを使うことで、より効率よく、スムーズに行うことができます。

管理業務の基礎知識・最新動向の
詳細を見る

回収業務の基礎知識・最新動向

販売・提供した商品やサービスの支払期限を過ぎても代金の入金が確認できない場合、取引先に対して督促の連絡を行う必要があります。

支払期限を忘れていたり、入金したと勘違いしていることも多いので、まずは電話やメールなどで確認。その後も入金が見られない場合は、請求書や督促状などを送付します。

それでも応じない場合には、弁護士や回収業者に依頼するなど、法的措置をとることも検討しなければなりません。

こうした回収業務は、企業にとって重要な業務ではありますが、負担の大きいものでもあります。

最新の債権管理システムには、こうした回収業務をサポートする機能がついているものもあります。

回収業務の基礎知識・最新動向の
詳細を見る

事業所ごとに違う債権管理業務の内容と種類を知っておこう

事業所の業務形態によって債権管理の業務内容や債権の種類はさまざまです。

販売を軸とする事業所である場合、販売商品や顧客の数が多いほど売掛金の回収や消込による業務が煩雑になりやすいです。また経理だけでなく経理の知識のない営業が、債権管理に関わることが多くなります。

事業によっては、利息を伴うリース債権であったり、割賦債権などやや複雑な会計処理が求められたりするため、自社のニーズに則した債権管理システムを選ぶ前に、こうした内容や種類を知っておきましょう。

事業所ごとに違う債権管理業務の内容と種類の
詳細を見る

債務管理の重要性も知っておこう

回収予定の債権管理とは逆の視点になりますが、支払い予定の債務管理も会計上、とても重要な事柄です。会計では出納の考え方で、出し入れで資産状況を把握していく性質があります。そのため、会計業務に携わる人は、債権管理ももちろんですが、債務管理の知見も蔑ろにはできません。ここでは、債務管理についての説明をしていききます。

債務管理の重要性も知っておこうの
詳細を見る