債権管理ナビ/入金消込はゼッタイ自動化したい/そもそも入金消込とは何か?

そもそも入金消込とは何か?

「入金消込とは?」など、経理に配属になったものの、いまさら人には聞けないさまざまな基本的知識が理解できていない人がいるかも知れません。ここでは、経理業務の要とも言える入金消込について基礎から解説します。

今更聞けない経理における消込とは

消込の作業内容

消込とは、売掛金や買掛金などの債権・債務を帳簿上から消していく作業のこと。売掛金に対しての入金が確認できた場合「入金消込」を行い、買掛金に対しての支払いが確認できた場合「支払い消込」を行います。 売掛金の正確な回収や買掛金の正確な支払いは、企業経営の基盤ともなる重要な業務。これを確実に確認する作業として、消込は経理業務の中でも特に重要な位置づけとされています。

債権管理の流れ

健全経営を前提とする会社にとって、債務管理はもとより、とりわけ債権管理は非常に重要な業務。モノやサービスを提供して対価をもらうのが会社経営の根幹である以上、債権管理は会社業務の要の一つとも言えます。 会社業務の要である以上、債権管理は決して楽な作業ではありません。多くの経理担当者が協働して仕上げる煩雑で時間のかかる仕事です。以下、一般的な債権管理の流れについて再確認してみましょう。

入金の確認

売掛金の回収日が到来すると、取引先からお金が支払われます。通常、お金は銀行振込によって行われます。経理担当者は、回収日に回収される予定の入金状況について、請求書と突き合わせながら目視で確認。通帳や銀行FBと照らし、正確な金額が入金されているかどうかをチェックします。

入金伝票の作成と記帳

正しい入金がなされていたことを確認したのち、経理担当者は入金伝票を起票します。入金伝票に記載すべき事項は、たとえば以下の通りです。

入金伝票を作成したのち、入金に関連する仕訳を実施。たとえば売掛金に対する入金が確認できた場合は、当初記載していた売掛金の金額が減少し、逆に現金(預金)が増加します。

入金の消し込み

入金伝票と仕訳が終了すると、次に「実際に行った取引と入金金額との照合」を行います。取引内容と入金金額とが一致した場合、この履歴を消去。この作業のことを入金消込と言います。 なお、回収期間が複数回に分けられている取引においては、処理に間違いが生じないよう慎重な入金消込が必要となります

時間をかけずに消込を実現するために

ところで現在、現役の経理担当者の中には、上記のような債権管理を当然の作業として考えている人も少なくないでしょう。もちろん、エクセルのマクロや各種のアプリケーションなどを利用し、作業の一部を効率化している会社も多いと思います。しかしながら、いかに作業の効率化を図ろうとも、債権管理は非常に大変な業務。入金消込のために、残業に残業を重ねている人も多いことでしょう。

なぜ、債権管理はここまで大変な作業なのでしょう?もしあなたが経理担当者なら、債権管理において次のような心当たりはないでしょうか?

目視で照合作業を行っている

入金の照合作業を目視でやっていませんか?月に数件程度の照合であれば目視でも問題はありませんが、月に数十件、数百件の入金照合を目視で行なうことは、現実的ではありません。現実的ではないことを現にやっているのですから、債権管理が大変になることは火を見るよりも明らかです。ミスが増えて、余分な仕事も増えることでしょう。

エクセルで入金消込を行っている

入金消込をエクセルベースでやっていませんか?消込でエクセルへの転記作業を伴っているならば、かなり時間がかかります。まして売上伝票や明細ごとなど細かい消込を行えば、一層の時間がかかることでしょう。しかしながら現実としては、いまだにエクセルで消込を行っている会社が多いようです。

手入力で入金伝票を作成している

入金伝票を手入力で作成していませんか?請求先や金額を、都度、販管システムに手作業で入力しているならば、件数によっては相当な時間がかかることでしょう。しかしながら、現状として多く利用されている販管システムは、手入力を余儀なくされるものが大半のようです。

まとめ

債権管理が大変な理由は、主に上記の3つと考えてください。これら業務を効率化することこそ、会社の要とも言える債権管理業務の効率化につながります。

昨今では、消込を始めとした債権管理全般を自動化するシステムや、クライアントの債権管理業務を一括して行うクラウドサービスなどが多く登場しています。経理業務の効率化、ひいては会社経営の効率化のために、今後は多くの会社が、これらシステムやサービスの導入を検討していくことになるでしょう。