債権管理ナビ/業種ごとの債権管理とシステム導入/製造業

製造業の債権管理と債務管理

原材料の加工や生産、販売まで国内企業で最も広いジャンルの経済活動をおこなっているのが製造業です。

自動車や家庭用電気機械器具といった工業製品からパソコンなどの情報通信機械、たばこ、金属、紙、そしてコンビニエンスストアで販売される食料品なども製造業に分類されます。

業務内容が幅広く、それに応じて債権管理と債務管理の内容も各企業ごとに著しく差が生じてしまうのが製造業です。

製造業の債権管理と債務管理、この2つの業務は会社の維持存続になくてはならないものですが、名前が似ていることから曖昧な知識となって混同してしまう人も多いのではないでしょうか。まずは、製造業に必ず必要な債権管理と債務管理について紹介します。

債権管理とは、取引先や顧客に対して金銭を請求し実行させる権利のことをいいます。

製造業は生産から販売に至るまで業務内容も幅広いものとなるため一律ではないのですが、顧客と直接金銭のやり取りをする販売と、得意先に対して先に商品を送り後日、請求書を発行し期日までに金銭を入金してもらうといった掛取引でおこなわれる方法があります。

そのため債権管理は売掛債権管理とも呼ばれるのですが、経理担当者が発生した売掛金をきちんと回収し、正しいリスクコントロールをおこなうことが最大の目的となります。

債務管理は債権管理とは逆の意味で、債権者である取引先などに対して約束をした支払いをしなければならない義務をきちんと遂行し、それを管理することをいいます。 製造業をおこなううえで必要な品物の購入や契約、仕入計上などが業務の内容となります。

製造業の債権管理と債務管理システム機能

製造業の債権管理と債務管理は、業務の内容や種類が幅広いためシステム導入によって業務回転効率をあげることが求められます。製造業ではどんな機能が求められるのか、その一部を紹介していきます。

顧客や取引先に対して発生した売掛金が入金された場合の消し込み作業は、非常に煩雑で手作業ではミスがおこりやすい内容です。特に製造業での顧客や取引先の数は膨大となり、経理担当者の負担は計り知れないものとなります。

そこで必要になってくるのが、マッチングや債権消込処理を自動化にする債権管理システムです。顧客や取引先からの入金があった場合、たくさんの数の情報の中から探し出すといったマッチング作業もスムーズになります。

一方、債務管理では支払予定額や支払方法といった条件を各仕入れ先ごとに設定することが可能なので、単発の取引が多い製造業にとっては非常に便利な機能となります。

基幹システム・業務システム・ERPの違い

現状の経営に足りていないものがあるとするなら、どこまでのシステムを導入する必要があるのか把握しておく必要があります。よく耳にする基幹システム、業務システム、ERPの違いについて、あやふやだった知識をもう一度整理しておきましょう。

製造業における基幹システムとは

基幹システムは経営活動に直結する、中心的な役割のシステムとなります。製造業は仕入れ、生産、販売とさまざまな業務内容がありますが、忘れてはいけないのが在庫管理です。

在庫は資産として財務諸表にあがってくるため、そのまま会社の評価につながることとなります。棚卸し作業だけでなく常に流動していくのが在庫であるため、損失を抑えるためにも基幹システムは欠かせません。

そのほか販売、仕入れ、生産、会計、人事給与に関する科目も外せない基幹システムとなります。このうちのひとつでも欠けてしまうと、製造業としての機能が果たせず、経営そのものが成り立ちません。

製造業における業務システムとは

業務システムは中心的な役割を持つ基幹システム以外のシステムとなります。例として、以下の様なものを指します。

これらのシステムは業務を円滑に遂行するため、基幹システムを補佐するような役割を担っています。

製造業におけるERPとは

これらの基幹システム(在庫管理や会計管理など)と業務システムすべてを統合したソフトウェアをERP(統合基幹業務システム)といいます。

ただ統合しただけのシステムではなく、各部門ごとにおける情報のやり取りを円滑にし、経営の意思決定に役立てることができるのが最大の特徴となります。企業ごとに違う業務内容も細部に至るまで寄り添い、トータル的に業務推進サポートをおこないます。

既存のシステムに債権管理システムを連携させる

新システムを導入する前に、既存のシステムに足りていない部分を洗い出して調査していくことが大切です。基幹システムを導入しているものの、実際の業務内容と適合していないことから結局アナログな方法で処理をしているところも少なくありません。

全カテゴリーごとに連携させてこそ、業務の向上が望めるシステム化であるはずが、一部でアナログを使用しているために、全体のバランス収支に狂いが生じてしまうことも否めません。

必要ないものは排除し、本当に必要なものだけを取り入れ組み込んでいくといったことが求められます。また、現状の問題だけでなく今後起こるであろう問題点も予測し、対応可能なソフトを取り込むことも視野に入れていきます。

債権管理ソリューション「Victory-ONE」

「Victory-ONE」のクラウドサービス型API連携サービスを利用すれば、こうした場合でもすぐに新システムを導入して連携させることができます。マシンラーニングの装備により使えば使うほど自動化が向上していく「Victory-ONE」は、煩雑で流動的になりやすい製造業の債権管理にぴったりなソリューションです。

既存のシステムを全てリプレースする必要はなく、柔軟な連携機能で在庫管理や会計管理の基幹システムととの間にピンポイントで導入していくことが可能です。